足のむくみが気になるなら体質改善が最良の対策

サンプルサンプル

足のむくみと冷え性をまとめて治す!日頃できる体質改善

足のむくみや冷えを取るためにはどんなことをすればいいの?日常生活の中でできる体質改善法をまとめました。

働く女性の体質改善法

デスクワークをする時に同じ姿勢にならないようにしています(20代/経理)

デスクワーク中は、ずっと椅子に座りっぱなしで同じ姿勢がほとんどです。座るだけでもカロリー消費はされているけれど、運動量はほぼゼロに近い、いわば「省電力モード」での代謝なんですよね。そのため1時間以上同じ姿勢でいることはやめています。トイレに立ったり、階段を上り下りしてリフレッシュしたりなどで体を軽く動かしていますよ。足のポンプ機能を動かしてあげることで、ポンプのサビつきを防ぐ効果もありますよね。それに、体を動かし新鮮な空気を体に取り込むと、集中力も向上しますよ。

足首を定期的に回すようにしています(20代/営業事務)

ふくらはぎの筋肉は、足指の末梢血管まで届いた血液を心臓へ力強く押し上げるポンプのような働きを持っていて、それと同時に老廃物も足に溜めない働きもあるのだと聞きました。だから、ふくらはぎの筋肉をたくさん使うことでポンプ機能の維持につながるんだそうです。私は、仕事中の移動のときにつま先だけで階段をリズミカルに上ったり、背伸びをしたりして、ふくらはぎを動かすことを意識しています。デスクの下では足首回しなども時々しています!これだけでも、夕方のむくみに悩むことが減りましたよ!

冷え性改善に効く食材

色と味が濃い・寒さに強い
体の冷えをトリートメントしてくれる食材を意識的に使って、サプリメントと併用し、食事面からも冷え性対策をしてみませんか。おすすめしたいのは、寒い時期に旬を迎える食材や、精製されていない色が濃い食べ物、食材そのものの味が濃い物等です。また、根菜類などもおすすめです。特に砂糖は、白砂糖やグラニュー糖より、キビ砂糖・黒砂糖を使いましょう。えびやニラ等、素材の味を楽しめる食材や緑黄色野菜、冬場においしいタラ(魚)やりんごなどはおすすめです。バラエティ重視でいろいろな食べ物をバランス良く食べましょう。
オリーブオイル
オリーブオイルは、ビタミンEの宝庫です。不飽和脂肪酸と呼ばれる体に良い油脂ですので、サラダオイルに置き変えて積極的に使いましょう。その中でもエキストラバージンオイルは胃の中で膜を作り、温かい食べ物を温かいまま保つ役割もあると考えられています。体がより温まりますし、消化も早まります。ビタミンEは女性らしさを保つビタミンですので、冷え等に伴って女性のリズムが乱れている方にも是非使って欲しいオイルです。ただし、思った以上にカロリーがありますので使い過ぎは厳禁です。

塩分過多は禁物

人間の体液はもともと塩分濃度が決まっています。そのため食事によって塩分の摂取が過多の状態になると、その塩分濃度を通常の状態に戻すために喉が渇きます。水分をたくさん摂取することで、体の塩分濃度を下げようとするのです。しかし、この水分は一方でむくみを呼ぶ引き金にもなります。そんなとき、意識して摂取したいのがカリウムです。カリウムはナトリウム(塩分)を排泄されやすくしてくれます。塩分の多い食事にはカリウムを含む果物をセットにすることをおすすめします。もちろん、体の組成には塩分が必要です。塩分を嫌うのではなく、酢醤油などで減塩することや、味噌や漬物等の発酵食品として塩分を摂取すると体を温めることができ、一石二鳥です。

対症療法を実践

むくみを取るために何らかの対症療法を行う方も多く見られます。その中の代表例として「フットリフレクソロジー」や「リンパマッサージ」が挙げられるでしょう。いずれのケアも手技によってリンパの流れの滞りをトリートメントする方法で、これによって体のむくみがスッキリし、体調改善が望めます。ただし、これらのケアは対症療法にすぎませんので、1度限りの施術では意味がありません。体質改善を促しながら、3~4週間に1度の割合で定期的にケアを行うことをおすすめします。

冷え性女性に試してほしい~職場で出来る運動~

オフィスではストレスや空調で強い冷えを感じる方もいるようです。冷えやむくみを解消するために、ちょっとした運動を取り入れてみませんか?

筋肉量を増やす重要性

むくみを改善するためには、ふくらはぎの筋肉を動かすことがポイントです。でもこの筋肉自体が衰えていたら、ポンプとしての役割も半減してしまいます。少しでも筋肉量を増やすことでむくみ知らずの下半身づくりができます。「足が太くなりそう」と思われがちですが、むくみ足と比べたら、スッキリ引き締まって足長効果が得られるようにもなるのでおすすめです。

血行促進に繋がる

むくみを改善するために軽い運動を取り入れることが、最終的に冷え取りにもつながります。軽く息が上がるくらいのウォーキングなど有酸素運動を取り入れることで新鮮な酸素が体にたっぷり取りこまれます。血液中に酸素が取りこまれるようになり血液循環が促されます。これだけでも体の巡りが良くなり、体全体がポカポカしてきます。運動を続けることで血液の循環をさらに促すために必要な筋肉量も増え、さらに脂肪が燃えやすい体、熱を生み出せる「むくみ知らず」の体に変わって行きます。

会社で出来る運動

指の運動
動脈から末梢血管に届いた血液は、静脈に戻らなければ血液循環が滞ってしまいます。手指、足指の先を動かし血液循環を促しましょう。手足共に、指を曲げ伸ばす「グーパー運動」が効果的です。また、仰向けになり股関節から片足を上げるよう意識して足全体をぐるぐる回す「ぐるぐる運動」にも大きな効果があります。むくみ改善の救世主となるでしょう。
手首の運動
手や足の冷えを解消するために「ブラブラ運動」が効果的です。手首や足首の力を抜いてブラブラさせるという簡単な方法です。できれば、腕を肩のラインまで挙げた状態でブラブラさせると手の冷えには効果的です。足の場合は椅子に座った状態で膝を伸ばし、足首をブラブラ揺らしましょう

むくみ対策グッズの併用

リンパマッサージ等の対症療法も良いのですが、自分で対処できれば毎日スッキリですね。ここでは、上記の運動やサプリメントと併用できる、その他のむくみ対策のヒントを紹介します。

仕事が終わると毎回足がむくんでいるのですが、解消するためのグッズはありますか?
着圧ソックスは、足の形状に合わせて編み方を変えたソックスです。多少きつめに編まれているので、足をほどよくしめつけむくみを解消してくれます。この編み方によって足へのマッサージ効果が得られます。価格は1,000~3,000円前後ですので、洗い替えなどでそろえやすいのも良い点です。最近ではビジネスシーンでも着用できるデザインの着圧ソックスが増えていますし、パンツスタイルなどで出勤する方も多いので、普段から着圧ソックスを愛用している方が増えています。
起床時の足先の冷えに困っています。便利な対策があれば教えてください。
足裏シートは、就寝前に足の裏に貼るだけの簡単むくみ対策グッズです。朝になるとシートに水分がたっぷり吸収されているのが分かります。体の余分な水分や老廃物を吸い取る仕組みになっていて、シート内部には、遠赤外線を発する鉱石の粉末や植物系成分等が入っているので、癒し効果も同時に得られます。2枚1組100円台で購入できます。スーパーやバラエティショップなどでも購入できるので、気軽に始められるむくみ対策となるでしょう。眠っている時間を使って冷えの解決につながるのも良いですね。

TOPボタン